修景活動

内田家住宅

内田家は、明治10年頃建築されたとされるつし二階町家であるが、正面外観は典型的な看板建築とシャッターで、全く面影をとどめていなかった。看板建築を撤去し、庇や虫籠窓を復活、シャッターも格子戸に改修した。

虫籠窓は後で取り付けたガラス窓の外側に復活したため、少し前に突出している。仕上げは漆喰塗り。

軒の庇は、商家などによく見られる、一文字瓦とした。

格子戸は、付近の明治期の町家で使用されていた当時の格子戸を一部再利用した。

修景前の外観。

← 一覧に戻る

Back to Top