修景活動

牧田家住宅

明治期の町家で、タイル張りだった建物東部分の1階腰壁は、焼杉板に張り替え、建物西部分の出格子も補修し、室外機は木製格子で修景しています。

庇は銅板・一文字瓦葺きで、外壁は当初の外壁の色に近いグレーがかった漆喰風塗装としています。

建物西部分の補修された出格子と、木製格子で修景された室外機。

修景前の外観。

← 一覧に戻る

Back to Top