修景活動

浅香家住宅

大正期の高塀造りの町家で、高塀部分とそれに連続する建物の外壁を修景。高塀に設置していたシャッター等を撤去して、新たに腰壁のしつらえに合わせて、出入口を設けました。外壁は漆喰仕上げ、腰壁は焼杉板張りとしています。

駒寄(矢来)は、六角形の断面に名栗(なぐり)加工を施したものです。

電気メーターも木製格子で修景しています。

修景前の外観。

← 一覧に戻る

Back to Top